【オンライン】声から変わる発音講座 〜日本人を悩ませてきた発音〜

オンラインセミナー

日頃英語学習に精進されている学習者の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

English Mateでは英語発音でお困りの方へオンラインでセミナーを開催しています。

この機会に実践的に発音練習し、ネイティブの発音に少しでも近づけるためのトレーニングをしてみてはどうでしょうか?


次回の発音講座は第2章となります。第1章では満席となりキャンセル待ちの方も何名かおられましたので、早めのご予約をお勧めいたします。





第2章 声から変わる発音講座 詳細

あなたはネイティブスピーカーと英語で話をしていて、自分の英語が通じなかった体験はありませんか。単語は合っているし間違っていることを言っているわけでもない。原因は「正しい英語の発音ができていない」ということではなかったでしょうか。 日本人がネイティブのように「発音」ができない理由は、発音が日本語と英語では全く違うからでしょうか?発音を学んだとしても実はある程度にしか改善はされません。 それよりも重要なことはネイティブの「声質」に近づけることです。 そもそも声質から学ばなければ発音したい単語もうまく発音できません。 ☆このセミナーでの学び方は 「声質」→「発音」→「フレーズ」の順番で練習を行います。 この順番での学び方が本来リアルな発音を習得する手順です。



下記の写真は今年の12月に開催した発音セミナーです。12人もの方々に参加していただきはじめの声質と終わったときの声質とを比べてネイティブに近づく声質を実感していただきました。


☆"Red" /r/の発音は日本語にはない特殊な音です。日本語では/r//l/はどちらも「ラ行」で表せますね。それで本当に良いのでしょうか? ☆"th" /th/発音は舌を噛むと教えられました。 舌を噛むと絶対に発音できませんよね。 どのように発音していくかその他の子音も合わせてクリアにしていきましょう! 第二回のセミナーでは 1.第一回目のまとめ(復習) 2.発声法(強弱の抑揚) 3.発音記号(子音)から学ぶ/w/j/r/l/θ/ð/f/v/など 4.スペルから見る発音の法則 5.リンキングで英語のリアル感を実感 6.他 発音を理屈で考え、いままでにないほど英語の世界をリアルに感じてもらいます。ディスカッションや発音改善の実感をしてもらうため参加者と英文を読み合ってもらいます。 ◎アクティブかつ主体的参加型のセミナーですので是非興味のある方は誰でもご参加ください。 ◎少人数 使い方や、助動詞問題について参加者で議論しあいながら理解していきましょう。わからないところは質問可能です。 ◎資料 パワーポイント資料や問題冊子用紙を使いながらですので、セミナー後も復習可能です。 ◎オンライン パソコンや携帯があればどこでも参加可能です! その他質問はお気軽にご連絡ください。 ----------------------------------------------------- [参加費] 1500円(資料代込み) 5名程度限定です(先着順) [支払い方法] 参加表明後その日の内にメッセージを送らせていただきます。 メッセージが届かない場合の時はshogotomita0325@yahoo.co.jp にご連絡ください。 ☆電子マネー[PayPay / メルペイ / 銀行口座振り込み ] ☆ストアカで簡単申し込み・振込できます。こちら↓(手数料あり) https://www.street-academy.com/myclass/72130 ※詳細はメッセージにて記載します。 [資料] 問題用紙について事前にデータで送らせていただきます。 その際メールアドレスをお聞きいたします。 [オンライン開催] ※Zoom開催です。(Zoomアプリをダウンロードしていただく必要があります。) ※パスワードについてはメールでお知らせいたします。 ※パソコン・携帯があればどこでも参加可能です。 (パソコンをおススメします) [時間] 10:00~11:30 (1時間30分) ※途中からでもご参加ください。 ※時間は進行具合により延長する可能性もあります。 -----------------------------------------------------

[講師] Shogo 大学生の時4ヶ月ミシシッピ語学学校へ留学 卒業後は7年間中学英語教員 その後カナダとオーストラリアへ2年3ヵ月のワーホリ アメリカロードトリップ、中米、ヨーロッパ、アフリカ、オセアニア、東南アジアと約30カ国を格安で旅行。




34回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • ブラックInstagramのアイコン